ずぶ濡れになる



今日は朝の釣りはお休み。眠かった。

夕方、夕涼みがてらに湯泊港へ・・・って、全然風がなくて蒸し暑いぞ、これじゃ夕涼みにならん!
しかも昨日に続いてベタ凪である・・・うはー、ダメな予感しかしない。

とにかく先端へ行き、まず最近恒例の生き餌釣りをしましょうかね、とゲソを垂らす・・・コン!
早速何か掛かったので上げてみると、チョウチョウウオ・・・いらん、帰れw
こんなもん泳いでいても食い付く魚いないだろ、形状的に食いにくそうだし。

続けてゲソを投下すると・・・コツン!
おらっしゃー、とアワセを入れると、ずっしり重い、あれ、根掛かりしたか?
しかし少し動いているような・・・あれ、浮いてくるぞ?

どうやら何か掛かっているらしい、しかし抵抗らしい抵抗はない、だがかなり重い。
んー、何かの間違いでタコかイセエビでも引っ掛かってりゃいいなー、とかナメたことを思いつつゴリゴリと巻き上げる、しかしやはり抵抗らしい抵抗はない。
やがてクリーチャーの姿が見えてきた・・・あ。

魚「・・・うふ★」
私「・・・」
ソウシハギ クリーチャーの正体はデカいソウシハギだった、つまりカワハギのビッグなやつである、ざっと60センチ以上はありそうだ。
なんでこんなもん掛かるかなあ・・・とにかく抜き上げは無理っぽいので、落としダモのところまで曳いて行き、無事引き上げた。

うへー、思ったよりもデカいわこりゃw

このソウシハギという魚は、御存知の通り?内臓が猛毒なんだが、それ以外は無毒なので身は食えて、しかも結構旨いらしい・・・がしかし、まあ要らんわw
一応初物なので写真を撮り、さようなら。

やれやれ、と堤防角の方へ戻ろうとすると、数日前と同じ50メートル位沖の辺りでナブラ発生!
おー、まだメアジが居着いているのか、とりあえず手早くジグをセットして、ナブラが収まったばかりの辺りにキャスト・・・しかし反応無し。あれ。

もう一度投げて、少しだけカウントダウンするとゴン! よっしゃ乗ったぜ・・・あれ、これメアジか?
そんなに大きくはないのだが、明らかにメアジよりも引くのだ、メアジならせいぜい30センチちょっとまでだが、手応え的には40センチ以上ありそうだ・・・ん?
なんだかバタバタした感じがする、ということはメアジのスレ掛かりか、少し慎重に寄せよう・・・と思ったら外れたorz
その後数回投げたが以降は反応無し、群れどこ行った。

仕方ないので生き餌釣りを再開すると、すぐに金目ちゃん(テリエビス)が釣れ、やっと泳がせ開始。
しかしそこで突然の雨、しかもあっという間に雨脚は強まり、慌てて撤収用意、うーん、泳がせはこのままにしておいて、明日の朝一番で回収しよう、すまんが頑張れ金目ちゃん!

結局、車に辿り着いた時にはパンツまでびしょ濡れ。はーん。
しかし帰り道の県道は途中から乾いていて、家の方は雨なんて全く降らなかったそうだ・・・ちくしょー!

前の釣行

イカ1匹だけ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング