大物にやられるもイカは釣れる



朝目が覚めると、また6時である・・・なんで目が覚めないんだ?
まあいいや、様子見に行ってみますかねー、と湯泊港へ。

着いてみると、例によって誰もいない、まあ釣れてないもんなあ。

とりあえずミノーを10投くらいしてみたが反応無し、ジグに替えよう・・・と思ったら、リーダーが結構古いことに気付く、ええと前に替えたのは・・・2週間近く前じゃないか?w
まあ魚っ気も無さそうだし、替えのリーダーを出してのんびり座り込み、FGを組んでジグを付け、キャスト再開。

1投目、28グラムのジグを思い切り遠投して底近くまでカウントダウンし、軽くジャークを数回・・・ゴッ。
お、なんか喰ったか? と、すかさずフッキングを入れてみる・・・と。

ガツン!
ジィイイイイイイイイイイーーーーーー!

いきなり重さとスピードのある魚が走り出した、うおお、なんか知らんがでけえ!?
慌てて竿を立ててみるが止まらない、ドラグを締め増ししても少しスピードが落ちただけで止めきれない、しかし走り自体は単調だ・・・この直線番長っぷりはツムブリか?
こりゃあツムブリなら80センチクラス、ヒラアジ系なら60センチ位はあるな!
走りっぷりから根魚ではなさそうだし、他に釣り人もいないので、適度にドラグを締め込んで走らせ、のんびり弱るのを待つことにする・・・おー走る走る、やっぱりツムブリかなー。
まあとにかく、もう少し走らせておこう・・・プツッ!

あれ?

・・・あれ?

・・・・・・外れたあああ!?

なんといきなりテンションが消えた、なんでだー!?
・・・って、あれ、ルアーも付いてないぞ。

ヒクヒクしながらラインを回収してみると、付け替えたばかりのリーダー(フロロ7)が、根ズレで切れていた。

しまった、少し強引にでも浮かせるべきだったか?
・・・でもなあ、パワーファイトして口切れとかも勘弁だしなあ・・・この辺の判断は難しいわ。
またリーダーを結び直してジグを投げるが、時合を過ぎたのか反応無し・・・と思ったら何か小さいのが掛かったぞ、上げてみると30センチ近いエソorz
ってことで、エソ釣っちゃったので終了!

堤防を戻る途中でイカスポットを覗いてみたが、どうやら今日はお留守のようだ。
アオリイカ しかし港内側を見ると、ぼっちでロンリーなイカがいたので慰めるべくエギを垂らしてみると、ヤモメ暮らしに飽きたのかあっけなく釣れてしまって、今日もうっかりイカGET。
いや、イカはヨメチビ共が喜ぶんだけどさ、やっぱり魚を釣りたいんだってばよ・・・まあしかし手ブラよりはいいさ、で撤収。



なお夕方にもちょろっと様子見に行ってみたが、なぜか南東の風が非常に強くて全く釣りにならず、諦めて撤収。

というかですね、マジで全っ然雨降らないな・・・。

前の釣行

小物とイカだけ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング