イカロード初日



朝起きて、いつものように湯泊港へ行ってみる。

潮は、んー、悪くは無いんだろうが、昨日程良くはなさそうだ、一応潮目は見えるがあまりはっきりはせず、しかもだいぶ沖でさすがに届かない。
今は満潮前だが、潮が満ちてくるにしたがって潮目が寄って来るので、勝負はその時か。
本当は下げ始めがいいのだが、暑いんだよその時間までいるとw

ところで、先日イケカツオを落っことした上、オボソ(スマ)を上げる時もN父に手伝ってもらったので、さすがにちょっと落としダモを用意しようと、廃品?を寄せ集めて作ってみた。
そして毎回持って来るのも面倒なので、堤防先端に共用品として置いておくことにした。
ってことで、本日より湯泊港最先端部に、ボロっちいけど共用落としダモが設置されてます、自由に使って構いませんが、持って帰らないようにお願いしますw
台風の時なんかは、外して堤防基部の階段の辺りにでも置いといてね。

タモを出していると、風邪で弱ったN父がやって来た・・・おとなしく寝とけってw
なんか全然やる気が湧いてこねーとか言いつつ、ヘロヘロでしばらく投げ、そそくさと帰って行った。南無。

やがて潮目が寄って来たので投げてみるが、全く何の反応もなし、魚の気配もあまり感じない。
まあいいや、20分程でさっさと先端から撤収し、本日のメインイベントへ。

実は26日から、タイで知り合った東京在住の知人一家が遊びに来るので、酒のアテにアオリイカを釣っておきたいのだ。
我が家も含めて総勢10人、最近のイカは小さいので、26日までに10匹をノルマとして釣り溜めるべく、本日よりイカロードが開始なのだ。
このイカというのは、私にとっては一応は外道の範疇なのだが、ヨメチビが大好きなので、釣れるようなら釣るようにしている・・・というか、私は見えている時にしか狙わない、見えていないイカを狙って竿を振る境地にはまだ至っていない。
そしてこのイカというヤツは、釣っていて本当に何考えているのかわからん・・・コウイカなどは軟体動物では最も高い知能を持っているらしいが、背骨がないせいなのか何なのか、ヤツらの考えを理解できる気がしないw

まあとにかく堤防を戻りつつイカを探し、小さな群れを見つけてエギを投入すると、あっさり1匹GET!
2匹目を狙うが、残りの連中は警戒して潜って姿を隠してしまった・・・まあ大抵15分も待てばまた上がってくるんだが、待つのも面倒なので帰宅。
ノルマ達成まであと9匹。


夕方、夕涼みにヨメチビ共も連れて再トライ。
ヨメさんと下のチビは砂利浜で遊んでいるというので、上のチビもに竿を持たせ、2人体制で挑む。

船揚場近くにもいたが、ロープとロープの間にいて釣りにくい上、反応も鈍いのでスルーして朝と同じ場所へ、おっしゃ、いるいる!
2人でエギを垂らし、間もなく私があっさり1匹目をGET。

長女の方にもイカは行くのだが、エギの動かし方が悪いのか何なのか、掛かりそうで掛からない。
私の方も以降は同じで、そうこうしている内に雷が鳴り始めたので退避、撤収。

ノルマ達成まであと8匹。
天気は当面良さそうだし、この調子で日に2匹ずつ釣れれば何とかなるかなー。

前の釣行

お一人様用ナンヨウカイワリ釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング