アオリイカ釣れました



朝起きて、まあ一応湯泊港へ。
冷蔵庫のスペースの問題はあるが、釣れる時には釣っておくべし、である。たぶん。

先端まで行き、昨日と同じような海況の中、今日はミノーから入ってみると、1投目に微かにコンと来た、この突き方はカマスだな。
何投かしてみるがそれ以降反応が無いので、弓角に替えて表層を攻めてみる。

そうこうしている内にN父が出勤してきた、探りながら先端の方へやって来て、あーだこうだと話しながらキャストを続けるが今朝は全く反応が無い、ナブラも無ければ単発ジャンプも無い。ちぇっ。
しょうがないので竿を置いてしばし駄弁る、昨日の朝イケガツオ落としたけど夕方にヒラマサ釣れたぜーと言ったら、温泉の方から何か釣ってるのは見えていたらしい。
何日か前にデカいのにフックを伸ばされただの、ドラグもう少し緩めた方がいいだのと話していると・・・ん?

私「あ、イカがおる!」
N父「あ、ほんとだ。昨日知ってる人が、すぐそこで3キロのイカ釣っててさー、あんなデカいのまだいるんだなー」
私「3キロもあったらさすがにちょっとキモいかもw 食い切れんしw」

とりあえず話しながらささっとエギを装着。

N父「最近さー、俺と目が合うとイカが逃げてくんだよ・・・あ、ほら、行っちゃったw」
私「ちょw とりあえずキミは目ぇ合わせちゃいかんw」
遠ざかるイカの向こう側へエギを投入し、適当にブラブラさせておく。
しかしあまり沈めると波で全然見えない、しかしグラサンをすると、今度は暗くて見えない、そして感触でアタリを取るテクは無い。

仕方ないのでエギが見える程度の深さまで引き上げてフラフラさせながら、エギで置き竿してて釣れたことあるぜ、なんだよそりゃ、とか話していたら・・・あれ。
なんか知らんけど急にイカが寄って来てエギに抱きついた。

ウホッ、抱きよった!

アオリイカ ほいさー、と抜き上げ、うっかりイカGET!
この前2匹釣った時よりもデカい、晩飯の刺身が一品増えたぜ!

その後まもなくN父が帰り、その後もう10分程投げてみたが、結局魚の方は反応無し。
まあ魚はあったので、イカで上等である。

前の釣行

ヒラマサ釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング