ヒラマサ釣れました



朝目が覚めると5時半過ぎ、天気は回復気味のようで、風もほとんど無い。

今朝から長女が修学旅行に出掛けるのだが、家を出るのは7時半だというので、1時間だけ湯泊港へ行ってみる。
堤防には誰もおらず、所々探りながら先端部へ向かう。
途中の岩場でミノーを投げるとすぐにアタリがあったが乗らない、その後も巻き終わりまでに3回アタリがあるが乗らない。
たぶんメッキだろうな、先端で何も釣れなかったら、後で戻って釣ってやろう。

先端部で海面を覗き込むと、キビナゴの小さな群が泳いでいる。
うむ、いい感じだ、以前の状態に戻って来ているっぽいな。

少々の追い風を受けて外海側へミノーを投げると、数投目にカマスっぽい魚が3~4匹チェイスして来たがUターン。
カマスは日の出前ならかなりの高確率で釣れるんだが、もうすっかり明るいしなー・・・。
しかしカマスも戻って来たのか、いよいよもっていい感じである、1人で無駄に悦に入りながらキャストを続行。

10投くらいしてみたが、3回ほどカマスっぽい魚が追って来たものの、しかし必ず足元でUターン・・・うーんもっとハイスピードで引けば食うかなあ、でも足場が高いので、これ以上早く引くとミノーが水面滑っちまうな。
そこで弓角を引っ張り出して、10号のロケット天秤にセット、これならかなりの早巻きでも大丈夫だ。
そーれ飛んでけー、とキャストして、表層、中層、底取りと3投してみるが反応無し。
もう一度表層に戻って引いていると、ロケット天秤の後方に波紋が起きて、次の瞬間にグゴン!

おー来よった来よった、カマスちゃんかなー、それともメッキちゃんかなー・・・あれ?
グイーン!
んお? 思ったより引きよるぞ!?

予想したよりも魚が大きいらしい、まあ別に必死こく程の引きではないが弓角のハリスが4号なので、あまり強引に相手をしたらラインブレイクしそうな程度の引きではある。
少し走るとラインが出るくらいまでドラグを緩め、堤防の角を行ったり来たりする魚に合わせて立ち回り、なるべく泳がせて弱らせつつ寄せて来ると、やがてギラリと魚影が見えた、んー、ヒラマサ君っぽいな。

ヒラマサ さらに少し弱らせて海面に顔を出させると、やはりヒラマサ君、50センチ位か。
観念して大人しくなり、どうやらハリスも大丈夫そうなので、ドラグを締め込み、竿を真下に向けてロケット天秤の手前まで巻き上げ、少し反動をつけて一気に引き抜き、無事堤防の上にランディング。
ヒラマサ君も戻って来たか、よっしゃ!

水を汲んで首ポキして血抜きをし、その間にもう少し投げてみるが続かず。
長女を見送らないといけないので早々に竿仕舞いし、血抜き中のまま堤防を戻って内臓をピーして帰宅、7時前には家に着いた。

なおヒラマサ君は49センチだった。
既に軽く塩して干されており、今夜の晩飯の照り焼きになる予定。

前の釣行

イソゴンベ釣れました
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング