ライトタックル試用



今朝はどうも天気がぱっとしない上、少し風が強いので、久々に湯泊港へ行ってみることにする。
鬼塚さんに買い物に行き、朝飯を食べ、長女の数学をみてからのんびり出掛けてみるが、着いてみると思い切り東風、釣りにくい上に、幾分マシな先端部にはフカセの人がいる。
ジグを少しだけ投げてみるが横風でとにかくやりにくい上に反応も無い、さらにまもなく根掛かりでジグを1つロストし、10分で戦意喪失、堤防を戻る。

帰ろうと車に戻ったが、ふと内側の突堤で車を停め、ライトタックルを持って遊んでみることにする。
実は昨日庭仕事をしている時に、近所の年配の人が「もう使わないから」と、ルアーをたくさんくれたのだ・・・感謝感激である。
青物相手にすぐに使えそうなジグやミノーの他、ライトなルアーが結構あり、夏までにライト用ルアーを一揃え欲しいと思っていたところだったので、非常に嬉しかった。
そんなわけで、それらのルアーを試してみることにしたわけだ、なにしろフローティングかシンキングかわからないものもいくつかある。

ただでさえ釣れそうにはない場所な上、東風なので港の内側に投げるのでいよいよ釣れそうにないが、泳ぎのチェックと考えて、数投ずつ投げては引いてみる。
お、このルアー面白い動きするなー、とか、ちっこいポップクイーンのコントロールむずいわー、とか、とにかく一通り投げてみる。
足元にはたまにデカいアオブダイやらベラが泳いでいるのが見える、一応それっぽくアクションを入れてみるが、さすがにコイツらはルアーには全く見向きもしない、コイツらを振り向かせるには海藻のルアーとかが要りそうだw

そうこうしていると、キビナゴの小さな群が入って来た、おお、キビナゴが全くいないと聞いていたのに、戻って来たのか!
早く海が元に戻って釣れるようにならないかなー、と見ていると、ん?
50センチあるかないか位の魚が5~6匹、キビナゴを追ってテトラの脇へ突っ込んで来た・・・え、青物?
青っぽい背中に、胸ビレと尻尾が黄色いのが見えた、確実に青物である!

おいおいおい、なんでこんなところに来ちゃってるのかなキミタチ、しかもよりによってクランクベイト引っ張ってる時に、クランクベイトは・・・食わないですよねー。
とにかくミノーだ、いや足元はジグの方がいいな、ってかジグ無いしwとにかく急いでルアーを回収し、ミノーに替えてキャスト。
数投目に一度だけチェイスして来たがUターン、その後は外海の方に出て行っちゃったようだ。

たぶんヒラマサか、もしかしたらムロアジだったと思うが、あんな場所でお目に掛かるとは思わなかった。
まあとにかく、釣りはいつどこで何が掛かるか本当にわからない、油断大敵である。

前の釣行

ダツの逆襲に遭う
HOME


にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング