ダメダメ



朝食後、今日ものんびり歩いて魚待・西側へ。

快晴・ベタ凪ながら1時間半ほどミノーとジグを投げてみるものの、ものの見事に反応皆無・・・どうなってやがる。
東側に何人かフカセの人が入っていたが、そちらも見ている限りでは誰も魚を上げてはいなかったようだ。

あとウミガメ多過ぎだろ、メチャクチャ邪魔である&こっちジロジロ見んなw
暑くなる前に、さっさとに諦めて撤収!


夕方、気分を変えて久々の湯泊港へ。ライトタックルも持って行く。

ミノーとジグに反応が無いので、ライトタックルにソフトミノーをセットし、足元ジギングでヘイケ(ホウセキキントキ)狙いを開始。
日没が近づくとアタリが出始めたが、15分程で、なんと4ヒット4バラシorz

ヘイケは口周りが固くてフックが通りにくいのだが、しかし手持ちのMLのロッドはかなりのフニャフニャさんだ。
そのせいで、アワセを入れてもロッドが曲がって力を吸収してしまい、フックが通らないようなのだ・・・実際いくら思い切りフッキングしたつもりでも、ガツンという手応えが全く得られない。
これまでは、ジグをぶん投げる用の硬いMHのロッドを使いまわしていたので、力がきちんと伝わっていたということらしい。
あとヘイケは、群でルアーにまとわりつくようにアタックしてくるらしく、足元ジギングではスレ掛かりもかなり多い。
今日はソフトミノーを使ってみたが、フックがジグヘッドの1本だけだったというのも失敗だった気がする。

ともあれ、ヘイケさんと遊ぶにも、もう少し硬いロッドが欲しいところだ、そもそも柔らかいロッドはどうにも性に合わないわい。
ちょっと手頃な7~8ftのファーストテーパーなロッドを探してみようかな。

そんなわけで、完全ボウズで終了。

前の釣行

平内魚待 周辺調査
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング