結局ダツだけ



朝、例によって日の出前に湯泊港へ行ってみると、人気は無いが車が多数停まっている。
その辺に置かれているものの様子からすると、どうやらモジャコ漁が始まったようだ、既に沖へ出ているのだろう。

モジャコというのはブリ等の稚魚で、この時期にそれらの稚魚を獲って港の内側で少し大きく育てた上で、本土の養殖場へ送るのだ。
よくは知らないが、この辺ではそれなりに重要な収入源らしい。

堤防を進み、適当にジグを投げてみる・・・うーん何も反応無いな。
昨日SOMESで買ってきたミノーに替え、2投目・・・ガツン! 硬質的なアタリ。

あーコイツはアレですかね・・・とゴリゴリ巻いてみると、案の定80センチ位のダツ。
しばらく湯泊ではダツにお目に掛からずに済んでいたのに・・・おろしたてのミノーが、2投目でガリガリの傷だらけであるorz

フックを外しているところにN父が登場、ダツを進呈して先端へ。
30分ほど色々探ってみたが、一度だけまたダツっぽいアタリがあっただけ。
帰りがけにヘイケさんチェックをしてみるも本日は休業らしく、結局手ぶらで帰宅。


夕方、昨日のリベンジに磯へ行ってみる。
磯の入り口、少し岩を登って入江の最奥の上を通って行くのだが、キビナゴよりも少し大きいベイトの群れが入っていて・・・おお。
青物ではないが、全身灰色っぽい、少なくても60センチはありそうなデカい魚が2匹、ベイトを追い回してお食事中だ、あれはアオチビキか何かか?
魚は逃げるベイトの群れを追い沖の方へ走っていった、うむ、魚っ気はあるっぽいな。

昨日と同じ場所でジグでスタート、1投目、足元まで明らかな回遊魚がチェイスしてきてUターン・・・食えよチクショウ!
その後しばらく反応無し、しかしミノーに替えると2度ほど小さなアタリ、しかし乗らず、その後また反応がなくなる。

またジグに戻して遠投し底近くを探っていると、カウントダウンから最初のジャークの前にトゥイッチを数回入れた瞬間に、モワ~ンというような、衝撃はほとんど無いのに一気に重さだけが増したような妙なアタリ。
竿を立ててみると、なんだかやはらかな手応えで、少し引いているような感じがする・・・こりゃあイカかタコだな。
せっかくだし釣り上げてやろうとするが、数秒で外れてしまった。ちっ。
数投後にもう一度同じようなアタリがあったが、アタリだけで乗らず。

その後ミノーにガツンと強烈なアタリ、しかし乗らず・・・なぜ!?
更にその後、海面の様子が不自然に感じる場所があったのでミノーを通してみると、それより少し沖でデカい魚がちょいジャンプ。
ミノーでその辺を狙ってみるも反応無し、ポッパーにも反応無し、少し左で再びジャンプ、ヤケクソでダイペン引っ張り出して遠目に投げ、引いてくると・・・水柱と同時にガツン!

いよっしゃあ、来たよママン!

気合を入れ、満を持してフッキング・・・スカッ!
ダイペンが宙を舞った・・・あれ?

なぜあれで乗らないー!?
その後反応が無くなり、時間切れで終了。
うーむ、魚っ気はあって反応もあるのに、悉く掛からない日だった。

前の釣行

最悪のシナリオ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング