歯の鋭いデカブツにやられる



​今朝も懲りずに湯泊港へ。

ここしばらく凪続きだったが、昨日は久々に海が荒れて、なんだかいい感じである、西風が結構あるが、まあ問題なし。
しかし岩場近くでさっとカマスを探るものの​反応無し、早々に先端部へ行ってミノーやジグを投げてみるが、やはり反応無し。

雲の切れ目から日が差し、逆光で眩しい中、追い風に乗せてミノーを遠投し、少し深目に沈めてから巻いていると・・・あれ?
ふっとテンションが無くなりルアーの重さが消えた、うん?
竿を立ててみるが、やはりルアーの重さは感じられない、えー、どうなってやがる?

とにかくハンドルを回してラインを巻き取る・・・と、いきなり重さが感じられた、ん? 根掛かり?


ギュイ~ン!

あqwせdrftgyふじこlp!?
うおおおなんかバカデカいのが掛かってていきなり右に走り始めたあー!?

ズゴーン!

私「ちょw」

ラインが張り切った瞬間、重さで少し体がブレた・・・やばいなんだか知らんがデカい、しかもえらい勢いで走る・・・ブリか!?
しかしこの前のブリの時は終始海面でやり合えたが、今回はとっくに潜られている・・・うごあー!

とにかく重い上に走る、一歩下がって腰を落としてロッドを立て、何とか海面まで浮かせられればいいんだが、と思いながら落としギャフの場所を確認。
まもなく走りが止まった、少し寄せられるか・・・と思ったら甘かった、方向を変えて再び豪快に走る・・・プンッ!

・・・あれ?
テンションが消えた、ルアーの重さもない・・・。


・・・ラインブレイクぅー!?

うおおやられた、ちくしょー!
ラインを巻いてみると、リーダーは先の方まで付いている・・・スナップの結びの部分か? と思って見てみると、リーダーの切れた辺りが傷だらけである。
しかしあの重さと走りはダツではない、あとリーダーに入った傷の間隔がダツの歯のそれよりもだいぶ広い。

でかくて遊泳力が強く、そして歯の鋭い魚といえば・・・

1.イソマグロ
2.でかいオオメカマス
3.ハガツオ
4.でかいアオチビキ
5.超巨大エソ(w

ぱっと思い付いたのはこんなところ。

んー、ハガツオはさすがにこの辺にはいないだろうし、オオメカマスにしてはパワフル過ぎたような・・・もしかしてオニカマスだったとか?
まあ順当に考えれば、イソマグロかアオチビキあたりなのかな、湯泊でもたまにデカいのが掛かるそうだし。

ミノーが無くなったので、ジグに替えてもう少し探ってみたものの反応無し。

久々の大物をものにできず、しょぼくれて帰宅した。

前の釣行

3月のまとめ
HOME

にほんブログ村 > 釣りブログ > ルアーフィッシング