屋久島いい加減釣り日記

屋久島のルアー釣り:主な対象魚

私が釣りたい魚は、「釣って楽しいそこそこ大きな、食べて旨い魚」です、あとは可能な限り寝掛かりしない釣り方で狙える魚がいいです。
まあルアーで釣れる魚なので基本的には行動的な肉食魚、かつ屋久島でそこそこの大きさで根魚以外となれば、自動的に中~大型のアジ科・サバ科が中心になります。
ただしロウニンアジやイソマグロ等は積極的には狙いません、ちゃんと上がってくれれば文句は言いませんが、基本的にはデカ過ぎてタックルがやられるリスクが大き過ぎますので。

*写真は全て自分で釣ったものです

メインターゲット:ウェルカムなお魚さんたち
スマ
屋久島名:オボソ
英語名:Mackerel tuna
自己記録:51cm
火を通すと平凡だが、刺し身・タタキ等では文句無しに旨い赤身の魚で、全身がヘタなマグロのトロよりずっと上等。こいつが食えればそこいらのマグロに用は無い。全魚類中最速クラスの遊泳速度で左右に走り、大きいと結構大変。
ナンヨウカイワリ
屋久島名:ザコエバ
英語名:Island trevally
自己記録:59cm
非常に上等な白身の魚で、一部根魚を除けば最高クラス。我が家で最も喜ばれる魚である。
料理法を選ばないが、特に一晩置いた刺身は絶品。
シマアジ同様に口が弱く、強引なファイトをするとバラし易いので要注意。
カスミアジ
屋久島名:オキエバ
英語名:Bluefin trevally
自己記録:58cm
青い背ビレと黄色い胸ビレがきれいな魚で形状はGTそっくり、同サイズならGTより引きは強い。
身はピンク色で、料理法を選ばず無難に旨い、特に刺身は個人的に好物である。
小型の「メッキ」は夏から秋にかけてよく釣れる。
ツムブリ
屋久島名:ムクベ
英語名:Rainbow runner
自己記録:82cm
身は赤っぽく獣肉に近い感じで個性的だが、どっこい料理法を選ばず旨く、特に腹身を焼いたものの旨さはチートレベル。
針に掛かると直線的な引きで一気に突っ走る上、たいてい70~80センチはあるのでので結構大変。
ヒラマサ
屋久島名:ヒラス
英語名:Amberjack
自己記録:49cm
ブリそっくりだが、ブリ族ではカンパチと同等かそれ以上の高級魚で、もちろん旨い。磯からはあまり大きなものの話は聞かず、せいぜい50センチ位までが多いっぽいが、たまにメートル級も上がるらしい。
カンパチ
屋久島名:アカバラ
英語名:Grater amberjack
自己記録:25cm
お子様は港内で難無く釣れるが、明らかに余裕で60センチ以上あるアダルトなヤツらは、今のところ恐らく3ヒットで全て根ズレでラインブレイク。強引な引きで根に潜ろうとするのがとにかく厄介。私の天敵である。
ブリ
屋久島名:-
英語名:Japanese amberjack
自己記録:96cm
10キロ級も来るので油断できない。可もなく不可もない味で、デカイので食いでもあるが、特に大型は身の中に寄生虫がいることが多いのが難。
ロウニンアジ
屋久島名:カッポレ
英語名:Giant trevally
自己記録:75cm
通常「GT」。冬場の80センチくらいまでは非常に美味だが、夏場や大型は大味になる。ほどほどの大きさならいいが、大型は150cm/50kgを超える上にパワーも強烈、うっかり掛かってしまうとまず無事では済まない。被害者多数、まさに泳ぐ暴力。
ギンガメアジ
屋久島名:エバ
英語名:Bigeye trevally
自己記録:41cm
いわゆる「メッキ」の代表格。河口周辺に多く、群れに当たるとばんばか釣れる。普通は大きくても40センチ程度までだが、磯では1メートル近いものが釣れることもあるようだ。30センチを超えると脂が乗りはじめ、かなり美味。
メアジ
屋久島名:メコン
英語名:Bigeye scad
自己記録:33cm
春先になると南の方へもやって来て、やはり群れに当たるとばんばか釣れる。味はマアジを少々大味にした感じで、大きくても30センチ半ばまで。釣り対象としてもまずまずだが、こいつらを餌とするブリ等の大型魚も一緒にやって来るので要注意だ。
イケカツオ
屋久島名:-
英語名:Queenfish
自己記録:pcm
扁平でちょっとアゴがしゃくれた魚で、なかなか旨いらしい。一度70センチ位のものを掛けて順当に足元まで寄せたが、取り込みに失敗して逃がしてしまった。
嬉しい外道の皆さん
ヒラスズキ
屋久島名:-
英語名:Blackfin seabass
自己記録:53cm
河口付近や磯のサラシ場でうっかり釣れることがある。上等な白身で味わい深い。
エラ洗いをするので少々リスキーな魚。
ハタ類
屋久島名:-
英語名:Groupers
自己記録:42cm
根魚なので狙えば根掛かりしまくるため積極的には狙わないが、うっかり釣れてきたなら万々歳。
クエの他、メートル級のものもいるので要注意。たぶんタマカイとかもいる。
種類により多少差はあるが、基本的に非常に旨い。
キントキ類
屋久島名:ヘイケ
英語名:bigeye / bullseye
自己記録:33cm
暗くなると中層を群れで泳ぎ始めり、ライトで照らすと目が金色に光るので居場所は一目瞭然。屋久島ではキントキダイとその近縁をまとめてヘイケと呼んでいる。吸い物や焼き魚は絶品な上、堤防で狙えば高確率で数釣りができる、何かと便利な魚。
カマス類
屋久島名:-
英語名:Barracudas
自己記録:62cm
一夜干しして焼くとやたらと旨い他、新鮮なものは刺し身でも結構いける。
40センチ位までの通常種以外に60センチを超える大型種も釣れるので、でかいなら大歓迎だ。
イカ類
屋久島名:-
英語名:Squid/Cuttlefish
自己記録:? cm
ルアーにはまず掛からないので、いるのが見えた場合に限りタックルに入れてあるエギで狙う。背骨の無いヤツらの行動はよくわからんが、しかし旨い。
微妙な外道の皆さん
アオヤガラ
屋久島名:フェンド
英語名:Cornetfishes
自己記録:120cm
釣り人の間で「悪魔の杖」と呼ばれる細長い魚。
上等な白身で、刺し身や吸い物には絶品なのだが、何しろ体がヌルヌルして大変な上、体の1/3が頭な上に身が細いという非効率さが痛い。コツを掴めば無駄なくきれいに捌ける。
ダツ類
屋久島名:ダーツ
英語名:Needlefishs
自己記録:135cm
固く尖った口と鋭い歯で、ルアーもリーダーもボロボロにしてくれる困ったやつ。
ルアー最大の外道かつ嫌われ者だが、実は吸い物やヅケにするとなかなか旨い。
大型ほど旨いらしいが、やっぱり要らん。
オジサン類
屋久島名:オトナ
英語名:Goatfishs
自己記録:44cm
ヒゲがあるヒメジ科の魚たち。
底を探ると高い確率で釣れてくるが、パワー・スタミナ共に乏しい。身が柔らかくてどうもパッとしない食味で、我が家では揚げる以外では食えない魚扱いで不人気。
イソゴンベ
屋久島名:ガブチョ
英語名:Stocky hawkfish
自己記録:32cm
ハデなバイトと暴れっぷりは釣って面白く、さらにハタに近い身質で結構旨いのだが、なかなか20センチを超えず、どうにも小さいのと鱗が取りにくいのが難。もっと大きくなるなら頑張って鱗取るんだけどなー。
まさに外道
キヌベラ
屋久島名:-
英語名:Surge wrasse
自己記録:40cm
色使いが悪趣味極まったベラの仲間。食えなくもないが、体がプニョプニョしていて異様に捌きにくい上、火を通すと身がボロボロになり、そもそも色的に食欲が湧かない上、旨くもない。しかしハワイでは名物料理らしい、どうなってやがる。
エソ類
屋久島名:-
英語名:Lizardfishes
自己記録:30cm
歯並びと面構えが凄まじい魚。小骨が多く食えたものではないが、カマボコ等、練り物の材料としては上等らしい。釣ったら負けとさえ言われる気の毒な魚だが、泳がせ釣りのエサには向いている・・・名前もエサっぽいしw

©2017 屋久島いい加減釣り日記