屋久島いい加減釣り日記

釣りの方針


私の釣りの方針は、
「科学的な視点で考え、無駄なリスク・コスト・時間をかけず、のんびり楽しく合理的に」
です。
その辺がうまくできた上で結果が伴い、おいしく食べられれば、私的には最高です。

あとは以下のような感じです。
  • 天気が良ければ、毎朝1~2時間程釣りに出掛ける、ヒマなら夕方も少し
  • ルアーで、中型以上(40cm位~)の主に青物狙い
  • 釣った魚は食べる、食べない魚は即リリース
  • 食べる分だけ釣れたらOK、天気が悪くないかぎり毎日1回以上は釣りに行けるのだからガツガツしない

主に出掛ける場所は、湯泊地区の「湯泊港」と近所の磯「平内魚待」の2ヶ所、その他は、大雑把に原・尾之間あたりから栗生にかけての、屋久島南岸一帯です。
釣りは日常のことですので、ついででもない限りは遠征などはしません。

あと、危ない場所には行きませんし、途中で危険を感じた場合は人一倍素早く撤収します。
濡れて行くような場所にも行きません、濡れるの嫌いですし。当然雨もパスです。
あと寒いとダメです、南国暮らしが長かったので暑いのは大概平気ですが、寒いのはからっきしです、気温が1桁になるとアウトです。

あと、ヨメやチビを連れての、気合の抜けた釣りも多いです、釣りだけが趣味や楽しみではないですので。
気合を入れず、楽をして、しかしきっちり釣る、それが私の目標な気がします。

なお以下の釣りは個人的な志向からやりません。
  • 船釣り・・・釣れると判っている釣りには興味が持てない上に、自身以外の都合に左右されるのは嫌なため
  • 渡し・・・同じく自身以外の都合に左右されるのは嫌
  • オキアミを使う全ての釣り・・・体質的に手指が荒れるし匂いが嫌
  • 撒き餌・コマセを使う全ての釣り・・・撒き餌で釣り場が汚れていることが多いので個人的にイメージが悪いのに加え、そこまでして釣りたくない、更には屋久島の磯荒れの原因という説もある
  • イシダイ・イシガキダイの類及びメジナの類・・・どうにも興味が持てない
  • GT等の大型魚・・・釣ってみたい気はするが、食べ切れない上に冷蔵庫にも収まらないので困る

©2017 屋久島いい加減釣り日記