屋久島いい加減釣り日記

カンパチにバカにされる

2017/02/08(水)
朝起きて7時頃釣りに出掛けようとしたら、天気はいいのにチビ共が学校まで送って行けという・・・まあいいか。
しょうがないのでのんびり朝飯を食べ、チビ共を送って戻ると8時過ぎ。
9時に車のタイヤ交換を頼んであったのと、10時過ぎにヨメさんをヨガへ送っていくのとで、朝の釣りはもう時すでにお寿司。

まあいいやでタイヤ交換に出掛け、戻って軽く一仕事し、ヨメさんをヨガに送り、そのヨガから近いので、久々に「バンジョ」へ行ってみる。
ここは以前住んでいた家の近くで、実は大好きな釣り場である、大抵誰もいないし、以前かなり通って結構ポイントが分っているのでもっと度々来たいのだが、引っ越して遠くなったので、とんと足が遠のいている。

さて久々のバンジョである、うん、車もバイクも無いので貸し切りだな、おー海がきれいだ、いい感じー・・・あれ?
崖の上から見下ろすと、なんと先端に先客がいるではないか、近所の人が歩いてきたのか、左の岬の先端で釣っている。
先端がダメとなると気分が萎えたので、諦めて踵を返して車へ戻り、一度家に寄って湯泊タックルとAコープで半額だった小アジを1匹持ち、のんびりダラダラ釣れる湯泊港へ。

さて湯泊港。
何人か先客がいるが、先端部中央やや左に着陣。

用意をしつつ海の様子を見ると、今日も足元はキビナゴだらけである・・・んへ!?
突然キビナゴの群れがバッと左に逃げた・・・次の瞬間、キビナゴの後を追って、背中の青くない70センチくらいの回遊魚が5匹ほど突っ込んできた!?

どうみてもカンパチです、本当にありがとうございました!

・・・ふはははは、ここで会ったが100年目、テメーら今日こそ釣り上げてそのデコにマジックでナベブタ書き足して八を六にしてカンロクって呼んで笑ってやった上で〆て開いて1匹丸ごと一夜干しにして炭火でじっくりテリテリと焼いてやるから覚悟しやがれコンチクショーめヒャッハー!

大急ぎで泳がせ仕掛けを取り出し、まずは小アジでトライしてみる・・・10分程して、再びキビナゴが逃げ惑い、それを追ってヤツらが現れた、小アジは深さ的にも通り道にもドンピシャである、よっしゃバッチ来やがれ!
・・・しかしカンパチ共、キビナゴに夢中で小アジを華麗にスルー! うがー!

もう一度、今度は少しアクションを付けつつ待ち構えるが、まもなくやって来たヤツらにまたもやスルーされる! フンガー!
ダメだ、どうやらキビナゴ以外には目もくれないようだ・・・となると、あとはミノーやジグを投げるしか手が無い。

キビナゴと同じ位のサイズのジグをしばらく投げまくってみたものの、ダツが掛かっただけ。
その間にも何度かヤツらが足元に現れるのだが、ジグには目もくれずにキビナゴを追っていく・・・ううむ、どうしたらこの状況でコイツらを釣れるのか・・・この際ルアーには拘らんぞ!

地道にルアーを投げ続ける以外の候補としては、

1.キビナゴを追い始める前の朝一の薄暗い内から、ポッパーやダイペンでトップを中心に攻める
2.生きエサで泳がせ
3.回ってきたところにキビナゴをバラ撒いて食わせておいて、ハリを付けたキビナゴを混入

くらいだろうか。

とりあえず1が王道でコストも掛からず簡単だ、3もキビナゴを買ってくればすぐにでも試せるが、ヤツら冷凍キビナゴ食うんかいな?
2が生き餌確保の点から一番厄介だが、うっかり小さめのエソでも釣れれば可能性は高そうだ・・・今後のためにも安定してエソを釣る技術を是非とも確立したいな。
それか、いよいよ投網に火を吹かせて活きキビナゴをGETして餌にするか?

とにかく、次はロッド2本持って朝一番だ、更にキビナゴも持って来てみようか。

ってことで、時間もなくなったし、今日はこのくらいで勘弁してやるよバーカバーカ!

以上、撤収! ちくしょー!

前の記事

ダツにバカにされまくる
HOME

©2017 屋久島いい加減釣り日記