屋久島いい加減釣り日記

スマ釣れましたさ!

2017/01/17(火)
今朝も早朝はパス。
いや、行こうと思って起きてはみた、しかし無理だろ、気温が7度だよ7度! 死ぬよ!
トイレにだけ行って、速攻で布団に戻った。

例によって8時にチビを送り、そのまま湯泊港でイカチェック。
しかし昨日に続いてイカにやる気が感じられない、チェック開始から5分で諦め、ルアーロッドを持って先端へ行き、北方面からの追い風に乗せてキャスト開始、20分程投げてみるが全く何の反応無し。

仕方ないので足元近くをネチネチ探ってみると、やっとコツンと反応が。
フッキングを入れると・・・んう?
何か掛かったような、掛かってないような・・・いや微かに引いてるな、エソか?

上げてみると、10センチ位しか無いヨスジフエダイちゃんw
水槽があったら持ち帰って金魚の替わりに飼いたいくらいにきれいである、さようなら。
この後、ヨメさんがクジラを見に行きたいと言っていたので、早めに切り上げて撤収。


10時前になってから、ヨメさんを釣れて魚待へ。
クジラ待ちのヨメさんを落ち着かせ、私はいつものポジションからキャスト開始。
オボソ(スマ)が釣れたと聞いたが、1匹くらい釣れんもんかのう、カンパチかツムブリか、ナンヨウカイワリでもいいぞー。

・・・と思いつつ右方向の中層を探っていた3投目の巻き終わり近く、バッと光る魚影が突進してきて足元でガツン!
足元過ぎてちょっと驚いたが、反射的にフッキングを入れるとしっかり乗った、しかし同時に足元で大暴れ開始、これまた反射的にロッドを立ててスプールを押さえてロック!
ここは5~6メートル下が階段状になっていて、潜られるとその段差部分でラインブレイクの危険が大なのだ、とにかく下に行かせないのが重要である。

魚はそんなに大きくはないが、ギラギラと見えている魚影から回遊魚確定、そしてこのブルブル振動系のスピードのある暴れ方はオボソだろう、よっしゃ今夜はタタキだぜ!
下に行こうとする魚を押さえ込み、少し抵抗が弱まった隙にゴリ巻きして上へ上へ、再度のラッシュも押さえ込み、水面まで引き上げて左のランディングポイントへ寄せる。
やはりオボソで40センチ以上50センチ未満というところだ、そんなに重くない上にフックがダブルでかかっているのが見えたので抜き上げてランディング、無事確保!

スマ 駆け寄って来ていたヨメさん大興奮、刺身だタタキだアラは酒蒸しだと1人盛り上がっておられるw
後ろの潮溜まりで血抜きをし、キャスト続行、しかし以降の反応無し・・・というか、いきなり東風が強まってきた、寒いなおい!

11時を回って腹も減ってきたし、まあいいやで撤収用意。
と思ったら水平線近くに潮が吹き上がった、クジラさん襲来! ・・・がしかし遠いな。

私「ほれこの方向の水平線近くだ、あの辺見とけ」
ヨメ「えー、いないー・・・」
私「あ、今また潮吹いた・・・って双眼鏡やめろ、視野が狭過ぎて見逃すぞ、まず肉眼で探せ!」

結局ヨメはクジラを見られず・・・まあ今日のはかなり遠かったし、しょうがないか。
しかし「クジラよりもオボソが嬉しい」と、身も蓋もない色気より食い気な事を言っているので、まあいいんだろうw
そんなこんなで、オボソの内臓抜いて撤収!

なおオボソさん、46センチ、血&内臓抜きで1,2キロ程でございましたさ。

前の記事

子イカだけ
HOME

©2017 屋久島いい加減釣り日記